last letter

亡き父を偲んで。闘病と臨終に立ち合い、父から教わった生と死について。

1年半の抗がん剤治療を経て、2022年1月13日に父が旅立ちました。家族全員で見守るなか、安らかな最期でした。人はいつか死ぬ。では、どう生きる? 亡き父から学んだ、命や関係性の奥深い冒険について、少しお話ししたいと思います。

もっと読む
deeper-self

終末期の父と過ごす日々。心の悪魔と向き合う。

先月は1本も更新することができず、大変申し訳ありませんでした。にもかかわらず、こうして訪問し読んでくださり、本当にありがとうございます。 昨年12月に終末期に入った父の病状が急変。担当医の先生が協力してくださり、一時的に

もっと読む
thisisus

マインドフルネスの幸せと尊さを教えてくれるドラマ『THIS IS US』について

マインドフルネスとは、今を味わって生きること。そこで充実感や幸福感を取り戻す練習です。大好きなアメリカドラマ『THIS IS US』のファイナルシーズンの最終話を見終わりました。過去・現在・未来が行き交うドラマを締めくくるメッセージは、今という瞬間の尊さを見失わない大切さ。過去を取り戻そうとしたり、先が気になって生き急いだりせずに。お話ししたいと思います。

もっと読む
don't worry

うまくいかないスピリチュアルな理由。不調や停滞時は、どう過ごせばいい?

調子よくいっていたものがうまくいかなくなる。または始めたはいいものの、順調に物事が運ばない。それは決して悪いことではありません。ただホンネから「それでいい?」とメッセージがやってきているだけ。それは「もっとラクになれるんじゃない?」「ホンネに沿った生き方ができるんじゃない?」というチェックイン。だから必要以上に不安になったり、恨めしく思う必要はありません。どうか安心して。

もっと読む
forgiveness

次元上昇と、未来のなりたい自分と繋がるために必要な「許し」について

次のステージに進む(次元上昇する)には、過去の痛みを手放すこと。そのためには「許し(赦し)」が必要です。許しは、起こったことを忘れることでも、相手の仕打ちを見逃すことでもありません。自分を犠牲にすることではなく、力を取り戻すことです。そこで、心が自由になって新しい次元に移行できる「許し」について、お話ししたいと思います。

もっと読む
gratitude2

「感謝の習慣」が幸せを引き寄せる。正しい感謝のコツは?

先日は、セルフコンパッションセミナーにご参加いただき、大変ありがとうございました。このサイトを読んで参加してくださった方々もいらっしゃり、とても嬉しく思いました。読んでくださる方、講座を受けてくださる方、個人セッションのお申し込みをしてくださる方…。皆さんに支えられているなぁとしみじみとありがたく思います。そこで感謝の気持ちがもつ癒しの力についてお話ししたいと思います。

もっと読む
gestalt_therapy

心の悪魔を溶かす。エサレン研究所で体験した「ゲシュタルト療法」について。

私が、カリフォルニア州Big Surの海岸に立つ、エサレン研究所で体験したゲシュタルト療法についてお話したいと思います。 ゲシュタルト療法とは? ゲシュタルト療法は、フリッツ・パールズと妻のローラが始めた心理療法です。ゲ

もっと読む
self-compassion

【無料開催!】 はじめてのセルフコンパッション入門のお知らせ。

生きていると失敗したり、大変な辛い思いをすることがたくさんあります。そんなときに必要なのが、セルフコンパッション。自分を大事にすること。自分に思いやりを持ち、優しくすることです。8月31日に、AWAKEMEさん主催の無料講座「はじめてのセルフコンパッション入門」をおこなわせていただくことになりました。私が挫折や失敗しながら、追いつづけてきたテーマです。皆さんとお会いできたら心から嬉しいです。

もっと読む
solitude

孤独感、どうしようもなくさびしい気持ちとの向き合い方。

私たちは大なり小なり人と関わり合いながら生きています。けれども、どうしようもなくひとりぼっちのように感じたり、さびしくなったりすることがありますよね。そこで、私がアメリカの禅センターで暮らしているときに教わった、孤独感、さびしい気持ちとの向き合い方についてお話ししたいと思います。

もっと読む
upaya

願望は、期待を手放したほうが叶う? 私が禅センターで体験したこと。

願望を叶えるためには、願いを放ったあとは期待を手放せといわれます。すると、「叶っていない」現実に対する焦りや不安を解き放てる。その結果、願いが達成されている心の状態(波動)と一致し、その状態の現実が現れるといいます。でも具体的には?私がアメリカの禅センターで体験した、身近だけど少しだけ不思議なお話をしたいと思います。

もっと読む