50年以上サンフランシスコのど真ん中で食べ物を贈り続けるツリーさん#10

カリフォルニア州・オークランドにあるギャングの巣窟で家を開放していたパンチョとサム。彼らと過ごすうちに、今の自分が出来る“ワタシサイズ”のギフト生活から始めてみようと思った私です。そしてギフロエコロジー・ツアー後半には、 …

思考ブロックが外れ始める。ギャングの巣窟で鍵をかけずに暮らし、ギフトし続けるヒーローたち#9

カリフォルニア州、オークランド東部のFruitavale(フルートベール)駅。映画「フルートベール駅で」の舞台になったこの場所は今から11年ほど前、なんの罪もない黒人青年が鉄道警官に撃たれて死亡し、社会問題になりました。 …

TOEFLスコア90点を目指せ。泣いても笑っても締め切りはあと一週間 #7

バークレー大心理学部への志望動機エッセイと推薦文の締め切りは、泣いても笑ってもあと一週間。つい先週までDr.スースの絵本を読んでいた私がそれらをすべて英語で書くという事変ですから、「笑っても」のくだりはただただ表現の便宜 …

テキサスに住んでいた伯父が、私の運命を変える#5

会ったことのないアメリカで暮らす伯父の連絡先は、東京の従姉妹から渡されていました。でも「人に迷惑をかけるな」と躾けられてきたし(この後より現在に至るまで家訓を破り、もはやたかが外れたように色んな人の好意に甘えまくることに …

英語が全然わからない。そして白昼堂々サンフランシスコで強盗に合う#4

家賃は現金か小切手だと言われ、クレジットカードと現金で生活するにもそろそろ限界です。ということで、銀行口座を作ることにしました。しかし言葉がわからないなか、お金のことを扱うのは怖い。必要な単語(口座:account 預金 …

サンフランシスコで死に物狂いの部屋探し奮闘記#3

さて異国の地で、ホストマザーに追い出されて突如ホームレスになった私。この後、家探しという難題はアメリカ生活で呪いのように続くことになります。なんとか語学学校の学長がホームステイを希望しない学生に斡旋していた短期旅行者向け …

サンフランシスコ語学学校、ホームステイでドル高に泣く#2

さぁドキドキとワクワクを胸に秘めて、スーツケース2個とサンフランシスコ国際空港に降り立ちました。人生初の海外生活。旅行とは違って、日本語じゃない言葉で暮らすのも初めてです。いよいよ、ここから英語の世界です! 英語の世界、 …