新型コロナで最注目される嗅覚。映画『パラサイト』の鍵を握るニオイの奥深き世界。

字幕作品として初オスカーを受賞した映画『パラサイト』 は、コロナ渦直前で大ヒットしました。ストーリーの鍵を握るのがニオイですが、鼻が効くことは危険を察知する警報機になります。嗅覚はそれにとどまらず、食事を楽しんだり、人となりや社会的なつながりを築いたりするためにも大切な力。ところが新型コロナウイルスの後遺症で、その力を奪われてしまった人が少なくないのだとか。そこで研究分野でも最注目されている嗅覚の世界についてわかっていることをまとめました。

もっと読む

ドン底気分を底上げしてくれる韓流ドラマはコレ!顔面マヒ(ラムゼイハント症候群)で緊急入院する。

水ぼうそうにかかった人なら誰でもかかる可能性のある、帯状疱疹ウイルスが耳に入って疾患するラムゼイハント 症候群。左半顔の強度顔面マヒ、めまい、平衡感覚の損失などにより緊急入院しています。後遺症が残る可能性も高くて凹みますが、これはある意味、バシャールの現実創造の実践。思考のコントロールを緩め、「良い気分」を感じることが、そんな現実を形作るというメソッドです。一気に気分が上がった韓流ドラマ、ちょっとした現実の解釈のスイッチ切り替えなど、今私が実践して効果を感じていること。現在の検査結果、治療内容などを綴っていきます。

もっと読む

風の時代へ。冬至の心の毒だし、バシャールの現実創造で何が起こる? 突然顔面マヒに、ラムゼイハント症で緊急入院した話。

ラムゼイハント症候群になり、ある朝突然顔面麻痺になり、入院しました。後遺症の恐怖などを抱えながらも、これは冬至に向かう、大きな愛を実感し、バシャールの引き寄せを体験し、強いメンタルブロックの解除が進行中だと感じます。今年の冬至は西洋占星術では時代が変わると言われるグレートコンジャンクションが起こり、地球から見ると土星と木星が重なる日。240年続いた地の星座の時代から水の星座の時代へと移り変わります。それは今までよりもいっそう目に見えないものの力、霊性・精神性が重視されるとき。宇宙エネルギー、流れと調和して生きるという学びにシフトする時期です。今までの当たり前や力技ではうまく行かないコロナ渦で、それを実感されている方も多いでしょう。今回は、私がかかった水疱瘡になった人なら誰でも疾患の恐れがあるラムゼイハント症候群を通じて、現在体験中のパワフルな日々をお届けします。病気、治療内容、またブロック解除に必要な学びとはを綴りました。

もっと読む

J.Y.Parkさんのおかげで「TOEIC初受験で920点!」取れた、魂磨き英語学習法

大人気NiziUの生みの親、敏腕プロデューサーのJ.Y.Parkさんの「本番に強くなれる」指導法。彼が教える自己管理・練習哲学を応用すれば、オーディション以外の試験や面接にも強くなれるのでは? そこで彼の言葉にインスパイアされ、TOEIC試験で実行してみました。結果は初テストで920点をマーク。参考書の選び方、時間配分、当日の心構えなどを具体的に解説。『TOEICプロジェクト』、ハジメマショウ!

もっと読む

この本でわかる! ハイヤーセルフ、ソースエネルギーをトランスパーソナル心理学で説明

高次の私たちであるハイヤーセルフ。木よりも森を見るような高い視点を持ち、無条件の愛でいつもサポートしてくれる存在です。ハイヤーセルフとは、願う現実を実現したり、ひらめきや創造の源とされるソースエネルギーとつながった状態の私たちのこと。この概は、スピリチュアル世界に限ったものではありません。ハイヤーセルフやソースエネルギーは、トランスパーソナル心理学でも探究され続けています。インテグラル理論の開発者ケン・ウィルバーの考えを中心に、ソースエネルギーと一体化したハイヤーセルフの状態、繋がり方を、必読本とともに探求しましょう。

もっと読む

悲観的な脳の設定”ネガティビティ・バイアス”を外し、正体不明の不安、心配を緩める方法。

不安に反応する脳の設定”ネガティビティ・バイアス”。 なんだかよくわからないけど不安だったり、落ち込んだり。前向きになりたいのに、気が滅入ってしまうことってありませんか? そんなふうに私たちが不安になったり、ツラくなって

もっと読む

二極化時代の幸せ案内人、ハイヤーセルフを味方にしよう。意識を使いこなして人生を変えるコツ。

二極化ってなんなの? 「二極化」という言葉、聞いたことがありませんか? それはひらたく言えば、この世界が真っ二つにわかれて、心(魂)に従った生き方(「こうしたい!」)の世界と、思考に従った生き方(「こうすべき!」)とで極

もっと読む