sunset

『7つの習慣』から、”終わりを思い描くことから始める”を再考する。

世界3000万部のミリオンセラーのビジネス書、スティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣-人格主義の回復』。そこでは、願う人生を送るためには自分の葬式をありありと思い描いて1日を始めればいいと言います。心理学の実験でも人は終わりを意識すると、時間を有意義に過ごし、幸福度が上がるとか。では、具体的にどうすればいいのでしょう?

もっと読む
broken

物が壊れたり、無くなったりするスピリチュアルな意味は?

お気に入りの物が壊されてしまい、かなり落ち込んでしまいました。私たちの本質は魂や愛であり、すべては移ろうけれど永遠である、なんてここで書き綴っているのに…(苦笑)。しかし気になるのが同じものが同じ人に同じパターンで傷つけられて、ついに破壊したということ。そこにスピリチュアルな意味はあるのでしょうか?

もっと読む
thought_as_a_system

心の底から決めれば必ず実現する引き寄せの法則。「ボームの思考論」から解説!

理論物理学者のデヴィッド・ボーム。量子力学や心理学などから、私たちの思考が現実をどう形づくるのか、その奥にある真理を探究しました。現実創造や引き寄せ・宇宙の法則では、「決めること」(=願望を放つこと)が現実を大きく動かすといいます。『ボームの思考論』では、そのメカニズムをより科学的に、深い洞察で見つめます。

もっと読む
twinsoul

バシャール結婚相談所。ソウルメイト(魂の伴侶)と最短で出会う方法とは?

ソウルメイト、そして一つの魂を分かちあったツインソウルやツインレイという存在。スピリチュアルな結びつきが強い魂の伴侶なら「出会ってみたい」とロマンチックな気分にもなります。ではソウルメイトやツインソウル、ツインレイとは何か、出会う理由、最短で出会う方法など。バシャールの『未来は、えらべる!』を読み解き、解説します。

もっと読む
true-self

バシャールの宇宙の法則、嫌なことにぶつかってわかる「本当の私」という価値。

バシャールの宇宙の法則では、ワクワクに従って行動しろと言われますよね。とはいえ、自分らしい人生を歩み始めると、好きでないことに二度とぶつからないわけではありません。むしろ嫌なこと(=好きではない波動を持つ状況)にもっとたくさん出会うようになったと感じることも。それはなぜでしょうか? 嫌なことにぶつかってわかる「本当の私」と出会えるからです。決してあなたが間違っていたり、後退や停滞しているわけではありません。私たちが本質(=愛や喜び)に向かうプロセスなのです。

もっと読む
purpose

未来のなりたい自分と、今の自分の橋渡しをする「パーパス」とは?

「こうなりたい」という理想像が今の自分とかけ離れているとき、その二人の自分をつないで橋渡しをする必要があります。そこで方位磁石(魂ナビ)になるのが「パーパス」。リモートワークが進むユニリーバ・ジャパンの取り組みを例にあげ、パーパスとは何か? また簡単なパーパスとのつながり方についてお話しします。

もっと読む
take_control_of_yourlife

世界No.1カリスマコーチが教える「怒り」の収め方とは?

怒りに流されてしまうと、相手や自分を傷つけてしまいますよね。今回は、世界的に有名なコーチ、トニー(アンソニー)・ロビンスの本『一瞬で「自分の夢」を実現する法』にあった、自分の脳をつくり変えて「怒り」との適切な距離をとる具体的な方法について解説します。鍵をにぎるのは、「言葉」です。

もっと読む
senario_planning

未来のなりたい自分とつながるために役立つ、シナリオ思考とは?

私たちは知らないうちに、過去の経験や周りの状況から、自分の枠を設定しています。必ずしも悪いことではありませんが、未来のなりたい自分や見えないけど叶えたい未来をすえてなにをしたらいいかと考えるときには制限になってしまいます。そこで、『デジタルマネー戦争』より、今は見えないけれど、夢や願望につながる道筋を設定するために役立つ「シナリオ思考」についてお話ししたいと思います。

もっと読む