last letter

亡き父を偲んで。闘病と臨終に立ち合い、父から教わった生と死について。

1年半の抗がん剤治療を経て、2022年1月13日に父が旅立ちました。家族全員で見守るなか、安らかな最期でした。人はいつか死ぬ。では、どう生きる? 亡き父から学んだ、命や関係性の奥深い冒険について、少しお話ししたいと思います。

もっと読む
deeper-self

終末期の父と過ごす日々。心の悪魔と向き合う。

先月は1本も更新することができず、大変申し訳ありませんでした。にもかかわらず、こうして訪問し読んでくださり、本当にありがとうございます。 昨年12月に終末期に入った父の病状が急変。担当医の先生が協力してくださり、一時的に

もっと読む
recurrence

父の再発。

8月に診断を受けて半年間の抗がん剤治療を行って、ほっと一息ついて2か月。父のがんが再発しました。命というのはいつも、今なにをするか、なにをしたいのかを教えてくれるように思います。 ときには残酷なかたちで。 思い返せば、私

もっと読む
broken-egg

国際女性デー。すぐ割れる卵で岩を打って得られるインパクトは?

今日は、国際女性デーだそうです。『82年生まれ、キム・ジヨン』の作者チョ・ナムジュが『彼女の名前は』に寄せた、日本の読者へのメッセージ。ジェンダー課題だけではなく、どんな性別や立場の人でも、私たちが「活きる」営みすべてに関わることだと感じたので、シェアしたいと思います。

もっと読む
elephant

アフリカで増える象牙のないゾウと私たちの牙について。

アフリカで、象牙狩りの密猟のために、牙のない象が増えているそうです。殺されないように染色体を変えてしまったのです。本来牙は象にとって生きるために必要なものです。そこで思うのは、私たちという個性のこと。均一的な価値観のもとで、あなたという牙(強み)を手放す必要はありません。

もっと読む
broccoli

父の男のメンツ、ブロッコリーとの戦いと「好き嫌い」が持つ重要な意味。

朝起きると、朝食中の父が新聞を読みながらクスクスと笑っていました。日経新聞の最終面に掲載されていた、漫画家で文筆家の東海林さだおさんの「サンマ大好き」というエッセイを読みながら。 東海林さだおさんの著書「丸かじり」シリー

もっと読む