カズオ・イシグロ新作『クララとお日さま』に見る、ハイヤーセルフの愛のまなざし。

カズオ・イシグロ ノーベル賞受賞初の新作『クララとお日さま』出版!

作家カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞初の新作『クララとお日さま』が出版されました。

『日の名残り 』『わたしを離さないで 』など大人が読む文学作品の書き手というイメージのカズオ・イシグロ氏。その新作は、なんと児童文学です。表紙も抜群にかわいい。

語り手は、少女型人工親友(AF)のクララ。

物語の語り手はクララ、「人工親友(AF)」と呼ばれるロボットです。クララの人工知能に初期設定される主要タスクは、ティーネージャーたちが孤独を感じないように心のケアをすること。大人へと成長する子どもたちの多感な時期に寄り添うのです。いうならば、のび太のドラえもんのような存在。

遺伝子編集「向上処置」を受ける人間社会。

クララを選んだ少女は、ジョジーでした。ジョジーが生きる人間社会では「向上処置」という遺伝子編集技術が普及しています。ジョジーが病弱なのはどうやらその影響で、いっぽう「向上処置」を受けていないリックは成績優秀でも進学が難しく、友だちからも蔑まれています。

ノーベル化学賞のゲノム編集技術「クリスパー」が向かうのはナチ的優生思想社会?

カズオ・イシグロ氏は、遺伝子操作やAI(人工知能)についてとても興味があり、たくさんの専門家たちの話を聞いてきたそうです。そして、この「向上処置」は、2020年にノーベル化学賞を受賞したゲノム編集技術「CRISPR-Cas9(クリスパー)」の未来が示唆されています。




クリスパーとは、多くの細菌に見られる遺伝子配列のことです。ノーベル賞を受賞したシャルパンティエ氏とダウドナ氏は、細菌がクリスパーによって外敵ウイルスのDNAを切断する仕組みを解明しました。ダウドナ氏は、クリスパーは新型コロナウイルス治療にも欠かせないと語っています。

クリスパーによるゲノム編集では、異常/特定遺伝子を修復したり、遺伝子の発現調節ができる可能性もあります。体と心の病気や老化などを未然に防ぎ、記憶力の向上や身長の長短、肌や瞳の色や体重の増減なども操作できるでしょう。さらにいえば遺伝子操作によって脳の構造が変われば、思考パターンや感情表現だって変えられるでしょう。

カズオイシグロ氏は、これが子どもたちの身体的・知的能力を高めるために応用され始めたとき、人間社会に大きな難問が突きつけられるといいます。

それは人間も高いお金を払って遺伝子操作を受けて、3Gより4G、4Gより5G、iPhone6よりもiPhone12というように、人工的に最新型にアップデートされたほうがいいとされる世界です。その根底にあるのは、人間が改造できる時代の均一的な価値観に基づく超能力主義と、ナチ的な優生思想です。

またお金がある人は優生とされる身体的・知的能力を手に入れられ、ますます格差が広がり「Kの字の傷」が深まるのでしょう。それは肌の色や文化の違いという多様性が単に「持つもの」と「持たざるもの」という物差しとして使われるような社会です。

自身が実際に経た、スピリチュアルな自己成長の学びを冒険小説として著したジェームズ・レッドフィールド。彼は、第十一の予言 シャンバラの秘密』では、子どもは魂として産まれる前に自分が成し遂げたいヴィジョンを見ながら、両親の霊的エネルギーの結合として生まれる。そのヴィジョンを実現するために、遺伝子はそもそも細かく正確に組み合わされていると語ります。

そこで、遺伝子操作の危うさをこのように指摘します。

病気治療のためのものは別ですが、知能や能力を高めるためや、単なる好みによる遺伝子操作はエゴから発したものであり、悲惨な結果を招きかねません。こうした行為だけで、いくつもの文明の破滅がもたらされています。第十一の予言 シャンバラの秘密』より

(参考)FaceBookザッカーバーグ氏やテスラ イーロン・マスク氏も投資する人間改造装置の未来:戦争か共生か、最先端神経科学が頂点に立つ”ニューロ・キャピタリズム”時代が向かう道

科学技術にも、霊的な目的がある。

ところでクララは、人工親友としては最新のB3型ではなく少々古いB2型です。それでも、抜群の観察力と学習意欲があります。見るものを理解し、吸収していく能力が飛び抜けているのです。

カズオ・イシグロ氏は以下のように語ります。

「太陽光がエネルギー源のクララは、太陽に全幅の信頼を寄せて、決して希望を捨てようとしない。それは人間と神の関係に似ている。いずれ機械にも宗教に似た感情が芽生えるんじゃないかという想像はとても魅力的で、小説のタイトルを『クララとお日さま』にしたのも、それが理由です」(日本経済新聞3/6付朝刊より)

人間よりもAIに純粋意識を見る。

そんなクララの姿は、まるで植物のようです。人間よりもA Iの方に純粋意識を見るというのは興味深い着眼点です。AIには良い意味で、“エゴ(分離感に向かう個別意識)”によるバグがありません。心の影もなければ、投影もしません。過去の失敗による未来の防御が恐怖という形をとって視野を狭める人間とは違って、素直に観察して学習していくのです。

参考:嫌いな自分を赦せば、愛が叶う。投影を外し、人間関係のモヤモヤを一掃する心理学。

参考:ズルくても弱くても大丈夫。心の影(シャドー)を認めて、嫌な人がいない世界へ。

参考:ハイヤーセルフと繋がれない人必見! 心の影(シャドウ)を癒す3ステップとは?

私たちが自然の中にいて癒されるのは、太陽に向かってまっすぐ伸びる植物の姿に、自分の本質のかけらを見るからでしょう。「明日枯れてしまうからもう光合成をやめようかな」、などと思いもせず、太陽光にただ信頼を寄せ続ける。

魂は、その人自身とその人を思う周りの人々に宿る。

それは太陽光そのものでもあり、拡大と成長のエネルギーに包まれたハイヤーセルフの在り方でもあります。そして、その姿勢に共鳴が生まれるとき、私たちはハイヤーセルフの大きな愛に包まれ癒されるのです。

参考:ハイヤーセルフと繋がる方法とは? 問題を解決する、自分を超えた答えのダウンロード法

人工親友クララは、主人である人間の少女ジョジーの「寂しさ」を埋めるため、愛という概念を必死に理解しようとします。ジョジーを愛の眼差しで見つめ続けます。

カズオ・イシグロさんが投げかけられる”魂と言われるもの”は、おそらくその人を大切に思う周りの人々の感情の中にこそ宿っているのでは?という問い。私の答えは、それは相互の共同創造で在るものだと思います。量子力学の世界でも、観察されるものは観察者の意識で結果が変わるとも言われています。さらに言うなれば、観察するものと観察されるものは一なるもの。分裂という意識は、私たち三次元における世界観です。つまりそれは、多次元理解では、幻影です。

参考:感情の22段階と現実の7次元について。忘却のゲームから抜けて、統合に向かうためには

何をしていても自分は尊いという愛の眼差し。

ハイヤーセルフの眼差しにあるときは、自身が魂そのものになり、そんな眼差しで見つめられた人も魂そのものになっていく。最先端技術と良い関係を築くために、やはり必要なのは基本に戻りますが、愛の眼差し。

特に、世間の評価であるDoing(行動)やHaving(結果)とは関係ない、生まれたばかりの赤ちゃんに対して向けるようなBeing(存在)としての尊さをすべてに見ること。そして、まずは一番大切な自分への愛の眼差しからなのだと思います。

自分に傾けた愛の眼差しが自ずと広がり「あなたと私」という区別性を超えて、お日様のように輝いて、その光は周りの人をも照らすようになります。比較レースにおける自己否定をやめることで、自分だけでなく次第に他者をも温かい光を送れるようになります。

参考記事:過去の経験が未来を決めるわけではない。願いが叶った、なりたい自分と今つながる方法。

参考記事:パンデミックの時代に心の種に水をやろう。幸せのための集合的無意識の活かし方。