アンチの存在など、同じ負のパターンが繰り返されても大丈夫。一番近いところは確実に変化しているから安心しよう

あなたは絶対、だいじょうぶ。辛くあたってくる人の存在や同じ負のパターンが繰り返されても、実はあなたの深い部分、一番近いところは変化しているので問題ないことについて、最近の実体験からお話ししたいと思います。

「病は気から」といわれますが、私はそれを精神力で体調はカバーできると捉えて、「できるだけ前向きでいなければ」「弱音をはいてはいけない」と思い込んでいたようです。ところが昨年末に重度の顔面麻痺になって、それは一定数の真実であっても、本質ではないと気付かされました。

参考:風の時代へ。冬至の心の毒だし、バシャールの現実創造で何が起こる? 突然顔面マヒに、ラムゼイハント症で緊急入院した話。

顔が動かずなにを食べてもこぼしてしまい、めまいでいつも船酔いしているようで、文字通り「笑えない」状態になりました。

頭で「笑おう」とか「前向きになろう」としても顔の筋肉は硬いままでガンとして動かず。でも、じゅうぶん寝たり、温かいお風呂で体を芯まで温めたり、良い映画やドラマを観て泣いたり笑ったりすると、ふと顔がほぐれていることに気づきました。

そこで、疲れたときは休み、眠りたいときに寝て、頭の中の意地悪な声に気づいたら自分の本音を丁寧に認めて望み直す、これを丁寧にやり続けました。

すると、麻痺が残るだろうといわれていた顔は、7か月経った今ではもうほとんどそれとわからないほど動くようになりました。

今も引き続き、わたしが行動をとるとき、「したい」「嬉しい」ではなく、「せねば」「べき」で選択すると、顔の筋肉が痙攣し、硬く引っ張られるような感覚になって、精神力に隠された本音を教えてくれるようになりました。



動画で観ることもできます

「病は気から」の「気」とは生命エネルギーのことです。

思考は私という命の一部に過ぎず、「気」は、思考、感情、肉体、魂というエネルギー全体をいうのだと、病気が教えてくれました。

思考は建前を本音らしく見せることを得意にしますが、感情や肉体というのはより素直に本音を表してくれるのだと思います。

体調の悪さというコンパスから本音を見つめ、今自分が一緒に居たい人は誰なんだろうとも問い続けました。大事にされることが当たり前のようになって、ないがしろにしてきた人たちは誰だろうと。

まず両親のことが浮かびました。いつも後回しにしていた両親と一緒に過ごしたいと心から思いました。

離婚して会社を辞めて根なし草のようになっている私のことを両親はずっと心配していました。

参考:ありのままの自分で本当に幸せになれるの? マガジンハウスからホームレス編集者へ。アメリカ先住民ナバホ族の集落で死にかけて学べた私の幸福学

けれども、今月帰省して、二人が「アヤみたいな生き方ができることが羨ましい」と言ってくれたんです。とても嬉しかったです。

また、病気から数か月経ったある日のことです。ふと、大学生のときのバイト先の店長の顔が浮かびました。

学生時代、私は大阪の心斎橋と神戸にお店があった洋服屋さんでアルバイトしていました。

そして三年生になって出版社を中心に就職活動したのですが、関西からの交通費には往復3万円かかりました。彼女がたくさんシフトに入れてくれたから、その交通費を稼ぐことができました。しかも面接が進んで急にバイトに入れなくなったりしても快諾して、応援してくれました。

無事にマガジンハウスに内定したとき、「素敵な大人の女性になってね」とロロ・ピアーナのストールを贈ってくれました。ボーナスが出て、初めて一人暮らししたときには、立派な胡蝶蘭を贈ってくださいました。

とても彼女にお世話になったのに、東京に転勤になって、さらには離婚し、会社を辞めて渡米して、雲隠れ状態になってしまいました。当時のわたしは自分の心を癒すことに必死で、周りの人たちのことを考える余裕がありませんでした。そんな自分の人生を棚卸ししながら、本当に恩知らずだなぁと今さら合わせる顔もなく強く反省していたんです。



するとそう思った10日後、15年ぶりぐらいに彼女から連絡をいただいたんです。本当に嬉しかった。来月に彼女と会えるのですが、とても楽しみです。

一方で、関わりあいの浅い関係性において、同じパターンで傷つくことがありました。

ネット上のアンチの登場です。こことは違うところで書いたものを「気持ち悪い」と批判されて、わたしの顔写真が添付されていました。

以前に書いたものをよく読んでいただけるようになるにつれ、アンチコメントがつくようになって、書けなくなってしまったことがありました。

そこで、今はそういうことがあると「一つ勉強になった」と前向きにとらえるようにしてきたのですが、今回は怒りを感じました。

その怒りの矛先は、自分でした。

「私はなにも変わっていない。また、同じパターンを繰り返している」と腹が立ったのです。

さらに認めます。相手に対しても強く腹が立ちました。

その後には、「いったい私の内側のなにがこれを投影し続けるんだろう?」と自分を疑いはじめもしました。やっている実践が間違っているのではないかと。

参考:自然なあなたが一番美しい。ドス黒い感情やダメな視点にも価値がある! 不安、怒りを「書いて」陽転させる方法。

すると、ピンときたんです。

まず、私が変わったこと。前には、無理に前向きに、いい子になろうとしていたけど、相手に腹を立てている自分を認めることができた。これは大きな変化です。

そして、気づいたんです。両親の温かい変化。とてもお世話になった大学生時代のバイト先の店長からの連絡。

すると、このコメントを書いた人は、少なからず私の書いたものを読んでくれたということに気づきました。限られた命の時間をつかって。それを「ありがたいなぁ」と思いました。

完全には無理でも、できるだけ人を不快にしないように書くことを気をつけようとさらに身を引き締めもしました。いろんな見方や感じ方の人がいますから。

読んだり、コメントを書いたり(それがたとえ人を傷つけるようなアンチコメントであっても)、というのは、限られた命の時間をつかっていることになります。

その人は、永遠ではないとても貴重な時間をそれに費やされたのです。

この経緯から、わたしは自分の心と体を魂ナビにして、自分の命の時間を幸せのために使おうと教わりました。

変容というのは、最も近いところから始まります。

まず自分、そして家族だったり、よく一緒に過ごしていたり、そうではなくとも魂のつながりが深いもっとも近しい人たち。

これを読んでくださっているということは、あなたもまた私の魂に深い縁があって、見つけ出してくださったのでしょう。

参考:感情の22段階と現実の7次元について。忘却のゲームから抜けて、統合に向かうためには

人によっては魂のつながりの深い人が家族ではない場合もあるので、そこはもっとずっと後な場合もあります。でも大抵の場合は、魂が選んでいるようなので、家族が亡くなっていたりする場合も、その人との温かい思い出が甦ります。

そして、その癒しは水に投げられた石が放つ波紋のように広がって、自分、一番身近な人、親しい人、知り合い、あまり知らない人、相入れない人と、次第に近いところから遠いところへ変容が波及していくのではないでしょうか。

だから目の前の現実がなにも変わらないように見えたり、あなたに対して誰かが辛くあたったりしても、それは波紋が届く途中なんです。

「なにも変わらない、ダメだ」と思うよりも、「悲しいな」と認めたうえで、自分のエネルギーが整うことをする。つまりホッとしたり、心から笑顔になったり、肩の力を抜いてみたり、心惹かれることをしてみたり、なにもやる気が出なくて立ち止まる自分を許したり。そこに集中していたらいいんだと思います。

アイキャッチ写真:©︎Taisei Honda

Makiwari Radioもぜひ