願望実現をストップさせる根深いネガティブ信念を手放し、望む現実を叶えるABC理論とは?

ABCmodel

心理学のABC理論では、嫌な気分や良い気分という感情(結果)は、実際に起こった出来事というよりもむしろ、それをどう解釈するかという信念(ビリーフ)で決まるとされます。エイブラハムの願望実現ではさらに抱いた気分(感情)を反映した現実が創造されるといわれています。そこで自由で豊かな現実を叶えるためにABC理論を活用して、幸せな願望実現をストップさせる根強いネガティブ信念を手放す方法についてお話しします。

願望実現の法則の基本、波動の成り立ちと引き寄せの作用点。

エイブラハムの教えである「引き寄せの法則」は、それ自身に似た(同じ)ものを引き寄せるという宇宙の基本の法則のこと。例えば私たちが「貧しい」と感じていたら、貧しさを感じさせるものが引き寄せられる。「豊か」だと感じていたら、豊かさを感じさせるものが引き寄せられるといった具合にです。

現実的な話では、高い目標を設定して、「足りない」「出来ない」と嫌な気分でいるよりも、その目標を達成できるハードルまで細分化して「ある」「出来た」とリラックスした気分で結果を積み重ねるほうが望みの状態に達せるとも言えるでしょう。

法則の軸になるのは、量子力学をベースにする世界観です。具体的には、目に見えるものも見えないものもすべて最小単位にすれば素粒子で、それは固有の振動数を持った波動(エネルギー)であるという考えです。宇宙に波動という性質を持たないものは存在しません。

引き寄せの法則では、宇宙の創造の摂理では似た波動を集め、似ていない波動は遠ざけるという仕分けが行われていると考えています。これを願望実現という公式に当てはめれば、自分が感じていることが現実になるということ。つまり、貧しいと感じていて(貧しい波動を出していて)豊かになることはあり得ず、豊かさを感じて(豊かな波動を出していて)貧しい気分になる現実は寄ってこないということ。

参考:ハイヤーセルフと繋がる方法とは? 問題を解決する、自分を超えた答えのダウンロード法

言い換えれば、今の現実を変えたいと思っていても、今までと同じように反応し、同じように感じているなら、今の状態は変わらず、未来もまた今と同じような現実が展開されるということになります。




そんなネガティブスパイラルを断ち切るためには、予祝とも言われますが、望む現実が達成されたときの感情を先んじて感じ取ることが重要だとされます。まだ起こっていない望む現実を体験中の自分の波動にマッチした気分を先取りして味わうことで、宇宙の準備が整ったタイミングで、その現実が物理世界でも展開されるというメカニズムです。

参考:願う現実が引き寄せられないなら。微細な望みをキャッチし、叶える簡単なコツ

ABC理論では、現実の鍵は、事実の受け止め方(B)。

この望まない感情ではなく、望む感情に移行するために役立つのが、現実を不要に悲観的に捉えない力です。なるべくリラックスした状態で、起きている出来事のポジティブ(orニュートラル)な面をつかむ受け止め方とも言えるでしょう。そこでサポートになるのが、アルバート・エリスという心理学者が提唱した心理療法、論理療法の軸となるABC理論です。

ABC理論のAは、実際に起こった出来事(Actual Event)

Bは、信念・ビリーフで、具体的には事実の受け止め方(Belief)考え方のクセのこと。

Cは、感情という結果(Consequence)のことです。

私たちは通常、Aという出来事(例:フラれる)があって、それによってCの感情(例:絶望感・落ち込む)という結果が生まれると考えています。

ABC理論では、AとCの間に、Bというその人なりの現実の捉え方(例:フラれる人間は価値が低い存在だ)が加わることで、Cの感情(例:絶望感・落ち込む)が作られると考えます。

信念(現実の解釈)が変われば、創造する現実も変わる。

つまりBが違えば(例:フラれたところで私の価値は変わらない)Cの感情という結果も変わる(例:どうってことない)ということ。

言い換えれば、創造する現実が変わるのです。なぜなら私たちの幸せや不幸という現実の解釈は、そこに加わる感情(快・不快)で決まるからです。

100人にナンパして全滅したエリス青年が抱いた、結果の感情(C)は?

具体例として、エリスのエピソードを紹介しましょう。

若きエリス青年は恋愛恐怖症でした。克服するために勇気を振るって、100人の女性をナンパしてみたんです。そして、なんとすべて振られる…。

となると結果としてCの感情は、恐ろしいと思っていたことが現実になったわけだから、絶望感だったり、とんでもない落ち込みになるはずですよね。

しかし実際のところ、エリスは当然ショックでしたが、「人から嫌われても大丈夫な自分」「わかってもらえなくても大丈夫な自分」という結果(C)を体験したことで、力を取り戻し、自由になるんです。

そして自分が持っていたB(例:フラれる人間は価値が低い存在だ)は、事実に即していないビリーフ(信念)だった。合理的でない現実解釈だったのだと気づいたんです。このような人を不幸にし、現実に即していないネガティブな信念(ビリーフ)のことを、論理療法ではイラショナル・ビリーフ(合理的ではない信念)といいます。

自分を傷つけるような不要な考え方のクセ、Bを手放して心が自由になった、エリスは大変社交的な人物に変わり、世界的に有名な心理学者となっていきました。




願望実現を阻み、不幸を生む典型的な2大ネガティブ信念。

では、私たちにはどのようなイラショナル・ビリーフ、つまり不幸を生んで、願望実現を阻むような不要な考え方のクセを持つでしょう?

トランスパーソナル心理学をわかりやすく、そして広く精力的につたえる諸富祥彦博士。彼は、著書「本当の大人」になるための心理学 心理療法家が説く心の成熟で、私たちには大きく二つの典型的なイラショナル・ビリーフがあるといいます。

私はこの二大ネガティブ信念が、願望実現のカギとなる感情、つまり安らかで豊かで心地よいいい気分を阻んでいると感じます。これらは、私たちが目の前の現実を認識するうえで、「ある」ものよりも「無い」もの(ex:できない、足りない、ダメだ)にフォーカスさせるからです。

では、二大ネガティブ信念がどのようなものなのかを具体的に見ていきましょう。

1つ目は、「私は完璧でなくてはいけない」「失敗したら大変だ」という思い込み。

2つ目は、「人からわかってもらえなかったら大変だ」「嫌われたら大変だ」「私は一人ではとてもやっていけない」という思い込みです。

さらに詳しくお話しすると、1つ目は、べき思考失敗不安とも呼ばれます。

べき思考は、高い目標を設定して、自分を甘やかさず、「なにもしない日があってはいけない」「妥協は許されない」と追い込むような深い思い込みです。

失敗不安は、弱さを人に知られたら拒絶される、恥ずべきことだ。失敗すると挽回できない。裏切られるかもしれないので他の人を信頼できないなど、過度の悲観的な未来予測にもつながります。

参考:家接哲次、小玉正博「新しい抑うつスキーマ尺度の作成の試み」

2つ目は、他者依存的評価とも呼ばれます。

他の人から孤立すると必ず不幸になる、構ってくれないと孤独感に襲われるに違いないと、他の人の評価に人生や自分の価値を左右され、他者と自分を比較しがちな思考パターンです。

参考:頑張りたいのにやる気が出ないのにはスピリチュアルなワケがある。あなたの無気力感から抜け出すためにできること。

参考:家接哲次、小玉正博「新しい抑うつスキーマ尺度の作成の試み」

ネガティブ信念を見極めて、手放す方法。

その人の世界を形づくる考え方のクセは、根強いものです。それが自分を傷つけるネガティブ信念なのか、現実に即した合理的な信念なのかは、その考え方があなたの人生で理にかなっているか、人生の事実に即しているか、を踏まえて見極めます。つまり、そのように世界を見ることでうまくいっているか、幸せなのかということ。

ネガティブ信念は、信頼できるカウンセラーと深く対話しながら、安全な形でそれを見つけ出すことが大切です。友人や家族でもいいですが、遠慮が出て心の底にあるホンネを現せなかったり、相手にとっては負担が大きすぎて受け止められなかったり、専門のトレーニングを受けていない場合は、聞き手の主観が入りすぎる対話になってしまう可能性もあります。

参考:一緒にいると、本当に癒される人の特徴。良いヒーラー、カウンセラーの役割、選び方とは?

そこで、そういった人がいない場合は、まずはジャーナリングなどで自分の本音を傾聴して書き、気持ちが落ち着いた時点で少し高い視点で読み直す習慣をつけてもいいでしょう。具体的には、感情が安定するまで出来事の解釈を追加してみます。

たとえるなら、もしも自分が自分の弁護士だったらどのように自分のことを弁護するのか。その根拠はなんなのかと現実を少し視野を広げて捉え直します。

認知療法でも、強迫観念にかられている方の治療にあたり、辛い思いを短い段落で詳しく綴ってもらうものがあります。その思いの強さが弱まるまで何度も段落を書き直してもらうことで、患者さんはやがて強迫観念と距離を置けるようになるそうです。

参考:自然なあなたが一番美しい。ドス黒い感情やダメな視点にも価値がある! 不安、怒りを「書いて」陽転させる方法。

また、人は嫌な気分になると視野が狭くなるというのは、何も引き寄せの法則などスピリチュアル世界に限らず、バーバラ・フレドリクソン博士など多くの心理学者も語るところです。とはいえなかなか心を変えるのは難しいので、同時に呼吸法や瞑想、エネルギーヒーリングなどを用いて体のサポートを借りながら心を落ち着かせ、波動を整えることも大切です。

最後にエイブラハムの言葉で締めくくります。

宇宙は、放つ波動に正確に応えてくれている。これほど公平なことはない。

感じ方を変えると、世界を創造している「エネルギー」にアクセスできる。その「エネルギー」はいつでも、あなたがアクセスするのを待っている。ー『お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法』より