消費・浪費・投資の違いを知って豊かになる、スピリチュアルなお金の使い方

お金とは循環するエネルギーの一つの形で、その人のカルマ(業)の流れに従います。今回は、スピリチュアルな観点から豊かになるお金の使い方に焦点をあて、消費と浪費、投資の違いについて触れます。また、お金に関する不要なカルマを洗って、自分のお金が喜び、豊かな気持ちを最大限味わってそれが何倍にもなって返ってくるような、新しいカルマを育む意識的なお金の使い方(スペンドシフト)についてお話しします。

お金とはなにか?

世界最古のお金とは、紀元前1600年ぐらいの貝殻だったそうです。というのも物々交換だけでは、物が腐ったり、支払いと納期がズレたりしてしまうという不便さがあって、利便性のために腐らなくて保存が効く貝殻を取引や価値の保存を目的として利用したのです(『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』より)。

つまりそれは人間が発明した、信用を数値化した道具です。加えて、資本主義経済となり、株や預金の利息などに現れるように、お金は増大するという機能も持ちました。



消費・浪費・投資と、お金の使い方には3種類ある。

人間が生み出したお金という道具。その使い方には、消費・浪費・投資と3種類あります。

消費は、衣食住など日々の生活で生きるために必要なものにお金を支払うことです。浪費は無駄使い。投資は、自分の理想のライフスタイルをデザインするために使うお金です。資産運用だったり、自己投資だったり、生き金を使うことが投資になります。生き金とは、喜んで出ていき、また笑顔で返ってきてくれるようなイキイキとしたお金のことです。言い換えればそれは、未来が大丈夫と今の安心を得て、思い切り現在を生きるために支払うお金とも言えます。

スピリチュアルで見る投資とは、支払ったときのエネルギーで判断。

つまり、表面的な物体やサービスでは、それが消費なのか浪費なのか投資なのかを判断しきれません。例えば、自己投資に見える勉強やセミナーに払っていても、不安からとりあえず授業に出ているだけでは、それは浪費になるのかもしれません。

ホテルに泊まったり、お気に入りのカフェに行くのは浪費に見えますが、その後にリフレッシュして名案が浮かんだり、良い仕事ができるなら投資になるのでしょう。

「もっていないと貧しいと思われてしまう」という後ろ向きな理由だと浪費になるかもしれない高級バッグも、それが心から欲しいもの、幸せだと感じられるもので「ありがとう」と支払った場合は、豊かさのエネルギーをまとった投資になります。

ちょっとした贈り物やご馳走をすることで、有意義な人間関係を築くことができるのなら、それは浪費ではなく、とても豊かな投資です。

消費も投資になることがあります。

例えば、日常生活に必要なものやサービスを買うときに、自分の価値観に沿って意識的にお金を使えば、消費が投資に変わります。これは欧米で、スペンドシフトと呼ばれます(消費(スペンド)が転換(シフト)するという意。「より多くより安く」ではなく、自分の価値観に沿って「よりよく」意識的にお金を使う消費行動のこと)。

スペンドシフトの例としては、持続可能な社会を目指す人にとっては、新しい靴ではなく修理代を支払ったり、靴磨きクリームを買うこともあげられるでしょう。応援したい組織や価値観を同じくする人の商品やサービスにお金を使うこともスペンドシフトの一環です。

本田健さんの『一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money』では、このような意識的なお金の使い方を、心から信じる目的を探して、その目的をお金で支援することとし、それがお金(のエネルギー)を増やすことだと説明されていました。

なぜなら支払った額以上に得たものによる満足感が増し、自分の価値観を反映させるような社会が目の前に広がるからです。すると何倍も豊かな気分をまとう世界が自分の目の前の現実となります。

つまり、どんな目的を持ってそのサービスや物に自分のお金と時間を裂いたか、そして、その後どういう結果が得られたかによって消費・浪費・投資の比率が定まります。なるべく投資を増やすことが、豊かなお金の使い方だと言えるでしょう。



お金は、どんな思いでどう使うかのカルマ(業)をまとう。

カルマ(業)とは、原因となって、現実という結果をつくるものです。私たちの魂にくっついた個人的なストーリーのようなものです。私たちは物質世界にいるので、過去の行為や思念が結果として現実に現れるまで時間がかかります。

病気や災難に見舞われたとき、私たちは悲しんだり絶望したりします。でもカルマ(業)の観点で言えば、過去につくった結果としてそれらが現れたことで、カルマが洗われた、無くなったという解釈になります。

参考:カルマとは何か?人生における3つの現れ方、カルマを解消する方法とは
いまの金銭事情は、これまで無意識にもっていたお金への思いや口にしていた言葉、行動が「カルマ」の結果となって現れたものです。つまり現在の状況がどうであれ、いまどんな関係性をお金と築くかによって、いくらでも未来は変わります。

スピリチュアルなお金の使い方で豊かに支払おう。

お金の流れを信頼して、感謝して、投資の心で支払えるものにお金を使う。そうすることで新しいカルマが生まれ、その流れに従うことになります。それは金額とは関係ありません。

お金は怖い、お金がないと死んでしまう、お金持ちは強欲だ。本来お金とは、そんなイメージとは関係ないニュートラルな存在で、循環するエネルギーの一つです。そこに意味を持たせているのは、私たちです。ところがその意味と自分を同一化し、自分自身がそのストーリーそのものだと強く思い込みながらお金を使うことで、お金はそのカルマの流れに従います。

参考:書く瞑想(ジャーナリング)で、不安、怒りを「書いて」陽転させる方法。

そうではなく、お金に依存したり、お金を必要以上に特別視したりせずに、お金との幸せな関係を築く。自分のお金が喜び、豊かな気持ちを最大限味わってそれが倍になって返ってくる。スペンドシフトでお金という形の感謝の表現を増やし、なるべく投資することで、新たなカルマである、豊かなお金の使い方が身についていきます。

参考:生活費は国から永遠に支給? ベーシックインカム制度、ギフト経済、どうなるコロナショック後AI時代のお金と働き方