ビジネスにも恋にも効く!マーケティングのプロが教える「好感度アップの簡単なコツ」3つ

仕事で成功したい、あの人に好きになってもらいたい。実は、商品を効果的に売るマーケティング手法「AIDA」を活用すれば、ゴリ押しではなく、相手に心地よく「この人がほしい!」「あなたと付き合いたい!」と思わせて好印象を得られるとか。ananwebで執筆させていただいた、広告マーケティングのプロが伝授してくれた、ビジネスでも恋愛でも効く、相手を気持ちよくオトすための好感度アップ法3つについてお話しいたします。

もっと読む

未来の自分とつながるとはどういうこと? 今、なりたい私になるために必要なことは。

「ダメ」「できない」とあきらめず、未来の自分、なりたい私につながるためには、その状態の自分で在ることが必要だと言われます。『インターステラー』というSF映画を観たんですが、そこで主人公は、時間や空間を超えた5次元の世界に入り込みます。時空を超えた世界で、唯一自力で制御できるものが、愛の意識でした。未来の自分とつながるとはどういうことか、そのために必要なことは何か。『インターステラー』の世界から改めて感じたことを綴ります。

もっと読む

好きを仕事にできる人の人生を動かす”祈りの力”。 ビザもお金もなく渡米した薄衣希代子さんを マクロビオティックゆかりの梅農園主に導いた物語。

私は「祈りの力」は絶対あると思っています。それは見えない深い心で、お金や人という目に見える物体を動かす「祈り経済」とも言えます。私の友だちでそれを体現するのが、キヨちゃん(薄衣さん)です。私がキヨちゃんと出会ったのは、苦

もっと読む

その望みを叶えて、いまを十分生きれば、未来を描け、過去も癒されるという話。

今日は、カリフォルニアで暮らしていたときに買ったチュニックで外出してみました。帰国してからタンスの肥やしになっていた、カラフルな手刺繍が施されたメキシコ製のシャツです。こんなふうにいつか着る服、行きたい場所、話すことってありますね。それらを先延ばしにせず、「いつやるか?今でしょ!」と言ったのがカリスマ予備校講師の林修さん。私がその通りだと腹落ちした出来事とは、昨日まで動いていた顔が突然動かなくなった、昨年末にかかった重度の顔面マヒです。いまの自分の願いを叶えて、いまを十分生きることはその日暮らしで無責任なことではありません。むしろそれが変えられない過去を癒し、先の未来を望む形で描いてくれるんです。お話ししたいと思います。

もっと読む

お金のメンタルブロックを手放して、今すぐ豊かさを与え、受け取れる人になる!

「お金は汚い」「お金の話をするのは、はしたない」「嫌なことをしないと稼げない」、「(何かを買って)あぁ、またお金が減っていく!」など。お金にこんな嫌なイメージ、ありませんか? それは実はお金の流れを止めてしまう、心のブロック。お金に関するメンタルブロックが無くなると、お金の不安を感じなくてすむようになり、遠慮や罪悪感なしに自由に使ったり受け取ったりすることもできるようになります。今回はお金のメンタルブロックとはなにか、お金のメンタルブロックを手放して、今すぐ豊かさを与えて、受け取れる人になる方法についてお話ししたいと思います。

もっと読む

良いビジネスやパートナーシップの鍵になる、相手が本当に欲しいものを知るために役立つこと

良いビジネスや深いパートナーシップについて考えるとき、相手が本当に求めるもの、つまりその人にとっての価値や真のサービスを知ることが大切です。それは「ありがとう」という感謝や愛のエネルギーを現すもので、相手への深い共感と想像力が必要になります。けれども、相手と自分は同じ人間ではないので、それを知るのは至難の技。そこで鍵になるのが、自分が望むものと望まないものを体験することです。相手へのサービスなのに、どうして自分が体験する必要があるの? お話したいと思います。

もっと読む

願う現実が引き寄せられないなら。微細な望みをキャッチし、叶える簡単なコツ

今日は誕生日で、思い切って海が見えるホテルで過ごしています。というのも2か月前に海が見える家で暮らしたいという望みが出たんです。子どものときの夢みたいに、その先が何もないピュアな願いです。そして3日前には、寝ているときの夢にも海が出てきたんです。浅い眠りの脳波シータ波とは、内面世界と深くつながった状態。だから実行しないとな、となり、今海を見ながらこれを書いています。このように、私たちは「ムリだ」と諦めてしまう前に、できる形で望みを心と体を使って体験することで、自分を深く知ることができます。さらに、その体験を心から楽しむことで、喜びのエネルギーを放つ心の周波数に合う未来を現実として反映させる(引き寄せる)ことができます。今日は、微細な望みをキャッチすることの大切さとそれを叶える簡単なコツについてお話しします。

もっと読む

ギフトエコノミーは資本主義経済とも両立できる。服部雄一郎・麻子さんに教わる、豊かなお金の使い方と自然の恵みにならう暮らしのはじめ方

greenz.jpで執筆させていただいた記事のお知らせです。わたしがアメリカで暮らしていたとき、初めて知った経済の在り方が、ギフトエコノミー(贈与経済)でした。その前の生活は資本主義経済のど真ん中を謳歌して、東京のメディアでガンガン働いて稼ぎ、それをバンバン使うという暮らしを送っていました。アメリカで再び貧しい学生に戻り、さらにギフトエコノミーを知って衝撃を受けました。勉強を終えた後は、「資本主義経済は二極化を生むけど、ギフトエコノミーだとどうだろう? 試しにギフトで生きてみよう」と思って、2年間ほどアメリカの禅センターやスピリチュアルセンターで働いて、その労働ではお金を受け取らず、与えられた宿や食事で暮らしていました。

もっと読む

人生のすべては自分の心が映し出したもの。病気や望まない出来事をホリスティックな形で治療する

先月のとある明け方、強い吐き気と下腹部の腹痛に襲われました。少しラクになったので家事のつづきをすると、今度は軽いぎっくり腰のような状態に。痛みを和らげるストレッチをしながら寝てしまい、2日ほど眠りつづけた後に体も心も爽快になりました。人生のすべては自分の心が映し出したもの(投影)だというのは、心理学でも語られるところです。望まない病気やケガもその例外ではなく、ホリスティックな形で治療することで人生そのものを癒せると言ったのがルイーズ・L・ヘイ。ミランダ・カーなどのセレブにも大変支持される作家です。彼女によると、肺はインスピレーション、心臓は喜び、背中はサポートなどと関係する臓器で、例えば支えがないと感じると背中が痛くなるとか。今回は、病気などの望まない出来事から心の声をキャッチして、ホリスティックな形で癒す方法についてお話しします。

もっと読む

どう生きていけばいいのかわからない人へ。自分の好きを取り戻す方法

私には、自分の好きや喜び、どう生きていけばいいのかわからなくなったことが何度もあります。そういうときは、「大丈夫」といって気を紛らわしたくなりますが、経験上感じるのは、それは気をつけないと心に覆いをかける言葉になることが多い。本音を見失い、やがて喪失感につながる恐れがあるからです。そこで今回は、生きる力になる自分の好きや喜びを取り戻す方法についてお話ししたいと思います。

もっと読む